ファクタリングの入金スピードについて/売掛金(請求書)を売って資金繰り改善 いーばんくのファクタリング

  • スマホメニューボタン
  • メールボタン
03-6912-9644
お問い合わせボタン

ファクタリングの入金スピードについて

最短即日で可能


売掛金が入金される前に売掛債権を売って資金化するファクタリングは、入金までのスピードが速いというメリットがあります。
しかし、実際にはどれくらいで現金化できるのか気になっている人も多いのではないでしょうか。
会社によって入金スピードは異なりますが、2社間は平均で2〜4日、3社間で10〜20日だとされています。
審査さえ通ればすぐに現金化が可能です。
また、支払い期日までの日数が少ないほど貸倒れリスクが少なくなるため、審査に通りやすいです。
資金調達といえば銀行融資や公的融資というイメージがある人も多いでしょう。
銀行融資は金利が低く、信用度も高いため利用する人も少なくありません。
しかし、1ヶ月ほどかかるため長期の運転資金に向いていますが、急に現金が必要になった時には不向きです。
公的融資は銀行よりも金利が低く、審査もそれほど厳しくないため利用しやすいですが、事務処理が煩雑だったり財務体質に影響を与える可能性があります。
また、2、3ヶ月かかることが多いようです。
このように、日数がかかる資金調達方法が多く、すぐにお金が必要な時に間に合わないこともあるでしょう。
最短即日で入金するファクタリング会社もあるため、とにかくスピードを重視したい企業はファクタリングを利用してみてください。

他の方法よりもメリットがある


銀行や公的融資以外にも募集株式という方法があります。
これは返済義務がないため、金利を支払う必要がありません。
銀行からお金を借りたり、ファクタリングを利用したりする人は、資金が足りないという場合が多いため、金利や手数料にお金をかけたくないものです。
そのような時に募集株式は便利なものですが、発行に手間と日数がかかるため、すぐに手に入るというわけではありません。
また、登記にお金がかかるため注意してください。
他には比較的入金スピードが速いビジネスローンや消費者金融を利用するのも一つの方法ですが、金利が高いのがデメリットです。
経営を圧迫せずに、スピード感を持って資金化したいのであればファクタリングが最適だと言えるのではないでしょうか。