ファクタリングを有効利用するために知っておきたい仕組みとは/売掛金(請求書)を売って資金繰り改善 いーばんくのファクタリング

  • スマホメニューボタン
  • メールボタン
03-6912-9644
お問い合わせボタン

ファクタリングを有効利用するために知っておきたい仕組みとは

利用する前に知っておきたいこと


ファクタリングを利用して資金調達をしようと考えている人も多いのではないでしょうか。
銀行融資よりも受けやすい、即日現金化が可能などといったメリットがたくさんあります。
しかし、利用する前は仕組みを理解しておかなければ、最大限に有効活用をすることができません。
最低限知っておきたい仕組みの一つは、どのような流れで資金調達ができるのかです。
一般的な3社間取引の場合、売掛債権をファクタリング業社に譲渡することで、先に売り上げが確定している分だけ受け取ることができます。
後日、業者は売掛債権の回収を行うといった仕組みです。
どの業界や企業も、売り上げが発生しているのに売掛先から入金があるまで期間が空いてしまうのが一般的です。
資金が不足しているときに、急な支払いが発生した場合には資金繰りが悪化するため、調達しなければならなくなります。
しかし、銀行融資は申請をしてから現金化まで時間がかかるため、先に受け取れるファクタリングは、とても魅力的なサービスだと言えます。

手数料とその他の費用について


2社間での取引も可能な業者があります。
多くは3社間ですが、取引先に資金繰りが悪化しているということを知られたくない時には2社間の方が良いでしょう。
なぜなら、取引先の了承が不要だからです。
知られることなく業者に買い取ってもらうことができるため、現金化までのスピードも早く、すぐに解決することができるのです。
しかし、手数料が3社間よりも高く設定されていることが多いため、注意しなければなりません。
会社によって設定が異なりますが、平均的に3社間は売掛債権の1〜5%、2社間は10〜30%です。
お金に余裕がない状態で高い手数料を支払うと、余計に圧迫させてしまう可能性があります。
そのリスクを理解した上で、どちらのサービスを利用するか決めなければなりません。
次に、知っておきたいことは手数料以外にかかる費用です。
登記費用や紹介料、印紙代など別途費用が必要になるケースが多く、10万以上かかる場合があります。
会社ごとに大きな違いはなく、登記に8万円、紹介料に3万円、印紙代に2万ほどかかるということを理解しておきましょう。
このようなことを知った上でファクタリングを利用してみてはいかがでしょうか。